ボタン鈴

優しくて力強い鈴子さんの作る陶の釦、その作陶と繋がる世界の出来事を綴ります。

余韻の余韻

f:id:botansuzu:20151019152013j:plain

展示会から数日が経ち、やっと空に気付く。

『青いなぁ、、』秋の空。

f:id:botansuzu:20151007202801j:plain

展示会で知り合った習字の先生の教室に

鈴子さん、博美さんと訪ねました。


部屋にあがると墨の良い香りが

気持ちをすっとさせてくれました。


お話をすると生徒さんは

93歳に88歳と驚きの年齢ばかりですが、

そのはつらつとした目の輝きと若さに

強い力を感じました。


しかも皆さん、色々な活動をなさって

忙しい日々を送っているとお聞きしました。

毎週水曜日、習字とその後の

お茶を頂きながらのゆんたくで

リフレッシュしているそうです。


私もこんな風に年を重ねて

元気に生きて行きたいなと思いました。

良い時間を頂き、ありがとうございました。

f:id:botansuzu:20151007200456j:plain

そう、習字教室に行く前に水円にも寄り、、

f:id:botansuzu:20151019151820j:plain

仕込みの途中だったので顔だけみて

直ぐに おいとましようとしたら

お茶が出て来てゆんたくに。

ありがとうね。

f:id:botansuzu:20151008062858j:plain

初めて出会った、

水円の子やまさん(猫)の奥さん。

やまさんととても仲がいいと教えてもらう。

静かな空気の優しい子。

100万回生きたねこ』の 白い猫を

思い出していました。


ただそこにいるだけで人に良い感化を

与える人、

素直に感謝させて貰える事が本当に

有難いです。

でも、そのものを讃えるあまり言葉は

陳腐になりがちで、

一番伝えたい事が伝えられない事も

しばしば


それ以上でも、

それ以下にもならないように

文章を書けたら良いなと

水円での日々を思い起こして

考えていました。