ボタン鈴

優しくて力強い鈴子さんの作る陶の釦、その作陶と繋がる世界の出来事を綴ります。

道ジュネー

昨日の夕方、

工房で仕事をしていると

太鼓、三線の音が聞こえてきました。

道ジュネー(エイサー隊が地元の集落を練り歩く事です)

鈴子さん外に向かい小走り。

f:id:botansuzu:20150830100802j:plain

ひょこっと覗いて。

f:id:botansuzu:20150830100826j:plain

エイサー隊が始るのを待ちます。

f:id:botansuzu:20150830100846j:plain

地べたに正座してしまう。

f:id:botansuzu:20150830100914j:plain

よく見るとエイサー隊の中に

やちむん屋仲間も。

f:id:botansuzu:20150830102113j:plain

親志のエイサー隊。

f:id:botansuzu:20150830102145j:plain

鈴子さん、エイサー隊に心付け。

f:id:botansuzu:20150830102221j:plain

三線隊にカメラを向けると『久しぶり』

の声。

f:id:botansuzu:20150830103811j:plain

顔を上げると

うるま市のやちむん屋、

十九三窯の徳さん。

内地に行っていたけれど、

道ジュネーの為に沖縄に戻って来たとの事。(凄い)

エイサーを見ていると

チョンダラー(道化師役で場をもりあげたり、エイサーの隊列を整えたりする人)が鈴子さんの所にやって来ました。

f:id:botansuzu:20150830111105j:plain

『おばあちゃん元気?』

鈴子さん、チョンダラーに

手を合わせちゃった。

f:id:botansuzu:20150830111139j:plain

『おばあちゃんが見ててくれたから頑張って踊ったよ、長生きしてね』


大人も子供もお年寄りを大切にしてくれる、それが沖縄です。