ボタン鈴

優しくて力強い鈴子さんの作る陶の釦、その作陶と繋がる世界の出来事を綴ります。

余韻で酔いん。

展示会を過ぎても

金城陶器所での話題は水円での時間に。

f:id:botansuzu:20151006162053j:plain

展示会で釦を購入後

直ぐに胸元に飾って下さったお客様の話。

f:id:botansuzu:20151006162115j:plain

写真をお願いしたら

『あなたの釦も素敵だから写してあげる』

そう言って写して下さいました。

f:id:botansuzu:20151006170117j:plain

4日間、水円の賄いなんて幸せだったなぁ。

f:id:botansuzu:20151006162351j:plain

わらもありがとう。

子供たちと遊んでくれて。

f:id:botansuzu:20151006162415j:plain

鈴子さん、

大好きな常秀さんに会えて嬉しそうでした。

常秀さんは展示会最後のお客様。

f:id:botansuzu:20151006162524j:plain

最終日帰り、一緒にご飯を食べて。

良い展示会、良い出会い、良い縁だったと

皆で大絶賛。

f:id:botansuzu:20151006162816j:plain

次の日、

友達に出会うと購入してくれた釦を

早速飾ってくれていました。

唐津土の釦。

f:id:botansuzu:20151006162851j:plain

友達の子供たちのリュックにも。

f:id:botansuzu:20151006162909j:plain

綺麗な糸に通されて。

f:id:botansuzu:20151006163020j:plain

この事を鈴子さん、博美さんに伝えると

とてもよ喜んでいました。