ボタン鈴

優しくて力強い鈴子さんの作る陶の釦、その作陶と繋がる世界の出来事を綴ります。

夜明け前

0時に前の工房と交代して

攻め炊き(器を焼くための本焼き)

が始まりました。

f:id:botansuzu:20150903081438j:plain

薪を入れる前。

f:id:botansuzu:20150903081457j:plain

薪を入れると窯は火を噴き、生き物のよう。

f:id:botansuzu:20150903081519j:plain

薪を入れる窓。

薪を入れる時、火の強さで

上と下の睫毛が

溶けて顔にくっついたりします。

瞬きすると離れるけれど。

f:id:botansuzu:20150903081540j:plain

焼き具合を見る為の色味本、

楊枝壺を使っています。

f:id:botansuzu:20150903081629j:plain

窯の中、高温過ぎて写りません。

朝5時に窯炊きは無事終わり

窯やから外に出ると、

気持ちの良い風の向こうに

空いっぱいの鱗雲。


うっすらと朝が やって来ていました。


このまま海に行きたいね博美さん。


行きたい。

窯炊きの後は火のエネルギーが体に

宿るのか、

窯炊き後は何時もハイに。


用事が無ければ海に行って、

服のまま飛び込みたい気持ち。

(今もハイです)


来週の水曜日が窯出しです。

鈴子さんの釦、

どんな風に生まれてくるか楽しみです。